TharnType2-7Years of Love-の11話12話ネタバレ感想

TharnType2 TharnType2

TharnTypeの続編となり、7年後を描いているTharnType2-7Years of Love-

第11話のあらすじやネタバレ感想が気になる

第12話のあらすじやネタバレ感想が気になる

そう思っているあなたへツイッター情報も交えながら、TharnType2-7Years of Love-の第11話、12話のあらすじやネタバレ感想を紹介いたします。

TharnType2-7Years of Love- 第11話のあらすじ

実家に戻ったタイプは、父親と口げんかをしながらも久々にのんびりとした時間を過ごしていた。

一方ターンは一人きりの生活をする中で、タイプに対する様々な思いを募らせていた。

そんな中、レオに背中を押されたフィアットがターンの元を訪ねてくる。

険しい表情で追い返そうとするターンだったが、プーガンの頼みで家にあげることに。

TharnType2-7Years of Love- 第11話のネタバレ感想

様々な問題が解決し、家に戻るタイプですが実家から電話があり、お父さんが足を痛めたようで急いで空港に向かいます。

やっと2人が会って、幸せな時間が戻ってくると思ったのにターンに会う前に出て行くシーンは何かまた一波乱ありそうな予感さえしてしまいました。

実家でのシーンが続き、お父さんとタイプの掛け合いは結構面白いのでどのシーンも笑いが止まらなくなります。

どうかこのまま早く2人を会わせてあげてと願う気持ちで見ていました。

一方ターンは家でタイプと撮影した写真を見ながら1人で食事の準備をしますが、虚しくなり実家に帰ります。

ターンの家族は絆が強く、ターンに何かアドバイスをしてくれて早くターンがタイプと仲直りするといいなとドキドキしながら見ました。

このシーンは本当に家族愛を感じられる場面でタイは特に家族の結びつきが深いなと感じます。


一方フィアットは今までの事をターンに謝りに行くことを決め、レオについて来てもらいます。

最初ターンは睨みつけていますが、フィアットにペンを差し出し、タイプに謝ってた事を伝えると言いその場から立ち去ります。

泣き崩れるフィアットですが、正直今までの自分の行いが悪かったのでバチが当たってしまったんだとしか思わなかったのです。

それよりも心が広いターンの気持ちを考えると胸が苦しくなったシーンです。一方タイプは幼馴染のコムに色んな話を聞きてもらいます。

このシーンは一時は疎遠になっていたのにまた笑いながら話をできる関係に戻ってよかったなと思うシーンでした。

そして家に帰ったタイプは両親に出家する事に決めたと伝えます。

次の日バイクで海に向かいタイプはターンに電話をしますがタイプは冷たくそっけない態度で電話を切ります。

このシーンは見ていて本当に胸が苦しくなります。

2人が本当に別れてしまうんじゃないかと涙が溢れますし、涙を流しながら小さな声で話すタイプの姿は痛々しいです。

次の日に場面が変わり、ターンがタイプの実家にやってきて、抱き合うシーンは涙が止まらなくなりました。

TharnType2-7Years of Love- 第12話のあらすじ

タイプの実家に、ターンがタンヤーを連れてくる。

タイプの父の浮かれた様子に、ターンとタイプは喜びつつも複雑な表情を見せる。

ターンが携帯で“タイプの夫戦略チーム”のメンバーと会話をしていると、その内容が気になったタイプ。

ターンが会話の履歴を見せると、タイプから意外な反応が返ってくる。

TharnType2-7Years of Love- 第12話のネタバレ感想

最終話を目前にやっとタイプとターンが仲直りする事が出来て、あとはキュンとするシーンやラブラブなシーンを楽しみにして見ていましたが、タイプが出家する事を決め、ターンに伝えていないのでまだ一波乱ありそうです。

タイプの実家にターンの妹のタンヤーがやって来ます。

実はタイプのお父さんはタンヤーのファンだったようでデレデレするお父さんにタンヤーはタイプとターンがうまくいくようにアシストします。

このシーンは今までターンに厳しかったお父さんが優しくなるので面白い場面です。

そしてついにタイプはターンに出家すると伝えます。

ターンは歌を歌い、プロポーズしてタイプに指輪を差し出しますが断られ、出家を許してくれたら結婚するとタイプが言い、笑顔で抱き合います。

このシーンを見ると今までの色んな場面が走馬灯のように頭の中で流れて、ウルッとしました。

出家したタイプに毎週タイプのお父さんと会いに行くターン。

お父さんも憎まれ口を叩きながらもターンに少し優しくなったかな?と感じるシーンでした。

一方いい感じだったにも関わらず進展が無かったクンポン先生とチャンプですが、最後は少しだけ進展してくれてよかったなと思いました。

ターンがタイプの所へ行く前の日実家で準備し、家に帰ると既にタイプが家に帰ってきていました。

ここからは今までのラブラブが無かったのようにぎこちないタイプの受け答えに前作を思い出してしまいました。

そしてタイプの姿がとても可愛らしく感じます。

2人は最後に誓いの言葉を立てますがこのシーンは2人も泣いていますが、見ているこちらも涙が止まらなくなった場面で色々あったけど結ばれてよかったなと感じたシーンでした。

全話通してラブラブでキュンとする場面も多いですが、7年経った2人の間に立ちはだかる壁も乗り越え、最後はハッピーエンドで終わり楽しく鑑賞できた作品でした。

それと同時に見終わったあとにタイプとターンのファンになりました。

 

ちなみに、タイのBLをドラマを観るならU-NEXTは外せません。

タイBLドラマ視聴方法でU-NEXTがおすすめな理由3選で紹介していますので、よろしければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました